千葉アートネットワーク・プロジェクト

2011年8月13日土曜日

カフェkaiki5日目

カフェkaikiはオープンして5日経ちました。
早いもので、明日が最終日…。ちょっと寂しい気持ちもします。

土日のせいか、本日は大盛況。
ギャラリーにもいつもの倍以上のお客さんがいらっしゃいました。
そうなると、一組一組のお客さんとゆっくりお話できる時間がなかったり…。

スタッフはばたばたしていましたが、カフェに立ち寄ってくださった千葉詩亭の大島さんが、「千葉市民ギャラリー・いなげ」の池でモズクガニを発見しました!


なんでもこのモズクガニという品種、希少価値のあるカニだそうで、生物多様性センターにご報告されるそうです。すごい…!ギャラリー・いなげにはこんな秘密があったんですね。
昆虫にもお詳しい大島さん、蝉や揚羽蝶についても記録を撮っていらっしゃいました。ギャラリーに情報提供したらおもしろいんじゃないかなあ。

カフェ終了後は、普段カフェに来れないギャラリーのスタッフの方々を呼ぶことに成功。5日間終わって、カフェでどんなことが起こったのかをメンバーからお話しました。
そこで話題になったのは「滞留」することがなかなかできない千葉のこと。千葉はゆったりお散歩したり、過ごしたりできる場所が少ないことが話にのぼりました。
このギャラリーが基点となってお散歩がはじまってほしい、という館長さんの言葉が印象に残りました。千葉にもこんな面白い素敵な場所が残っていることが、カフェ「kaiki」を通してお客さんに伝わっていたら良いなと思います。


残り1日!
まだぜひぜひお越しくださいませ

<tommy>

0 件のコメント:

コメントを投稿