千葉アートネットワーク・プロジェクト

2019年1月25日金曜日

開催予告 「一緒に作って一緒に食べて~食を通した共生への試み~」を開催します!





みなさんこんにちは。

久しぶりの更新になってしまいました。

さっそくですが、今年度のメインプロジェクトについてご紹介とイベントの予告です



2018年度のWiCANではフードデザイナーの中山晴奈さんをお招きし、「食を通した共生への試み」というテーマで活動を行なってきました。



現在の日本は、多様な出自、様々な思想信条や生活様式を持つ人々が共生する社会になりつつあります。

しかし、私たちは異なる文化的背景を持つ人たちとの共生についての十分な経験や知識、そして将来に向けたヴィジョンを持ち得ていないのが実情だと言えます。

何より、私たち自身もこれまでそのような人々と関わってきたことがほとんどありませんでした。

そこでまず、私たちWiCANのメンバーが彼らと実際に関わってみることから始めたいと考えたのがこのプロジェクトのはじまりです。



このプロジェクトでは私たちWiCANメンバーが自分とは異なる文化的背景を持つ人々と実際にお会いし、ともに食事をつくり、食べます。

 他者と初めて関わり、彼らについて知ることはとても難しいことです。

しかし共に料理をつくる、食を囲んで話すなど、「食」を通すことでその人の文化的な背景や個人的な記憶を知ることができました。



現在、その様子を少しでも皆さんと共有し、一緒に共生について考えることができたらと思い、その交流の様子を記録した映像をまとめているところです。



その映像の発表は3月初めに予定しています!

さらに、そこにプロジェクトを通して出会った人たちも招待して、パーティーのようなものができたらと思っています。

それとは別に写真、映像の記録の展示を千葉市美術館で開催する予定です。



日程など具体的に決まりましたらまたお知らせします。

皆さま楽しみにしていてください!