WiCAN 千葉アートネットワーク・プロジェクト

2020年1月28日火曜日

トークイベント「不安からはじめる」無事終了しました!

こんにちは!

先日行われたトークイベント、「不安からはじめる」が無事終了いたしました!
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!!

今回は、トークイベントの様子をお伝えします。

 第一部では、アーティストの米谷 健 +ジュリアさんから、その経歴と自身の作品についてお話していただきました。

 
特に印象的だったことは、お二人とも日本の美術系大学出身ではないことでした。
 健さんは、学部は経済学専攻、その後金融ブローカーとして勤務。しかしその職場では、一瞬で莫大なお金が動くようなプレッシャーがあり、夜も眠れなかったとのことでした。(これに比べると、学生が100円、200円で買うか買わないか迷っているのも、逆に幸せなのかもしれません……)
 その後健さんは仕事を辞め、オーストラリアへ行きました。初めから芸術活動をしていたわけではなく、皿洗いの仕事から始まり、現地で美術関係の大学院に入り、環境問題をテーマにした芸術作品を作るようになったそうです。

 ジュリアさんはオーストラリアで法学部に在籍していましたが、弁護士になりたくないという理由で、ワーキングホリデイとして来日しました。その後オーストラリアに帰り、研究を続けたい気持ちから博士号を取得。その後、大学講師をしていましたが、健さんのアーティストとしての活動に興味を持ち、共に環境問題に関するプロジェクトを開始した、とのことです。

 お二人の作品についてもその背景や、制作の過程について語っていただきました。


 第二部では、今回の展示のテーマでもある「不安」をキーワードに、健さん、ジュリアさんと、WiCANの神野先生にお話をしていただきました。


 健さん、ジュリアさんも不安という気持ちにとらわれている部分があるそうですが、ジュリアさんはずっと同じことを繰り返さなければならないことが不安、とおっしゃていました。リスクを背負わず、安定した暮らしがしたい、と考えている人にとっては正反対の不安かもしれません。

 さらに、神野先生からの、日本のアートはもともと社会への関心が低く、パーソナルな事柄に終始しがちで、近年、社会に対する関心は強まりつつあれど、リサーチが甘くなりがちではないかという指摘を受けて、健さん、ジュリアさんがオーストラリアでの体験を語られました。
 それに対して、日本の美術界隈では自分の趣味嗜好のみで制作されること、社会とのつながりへの理解・関心が浅い現状があることについて、健さん、ジュリアさんのオーストラリアでの体験を語られました。
 お二人は作品を作る際に専門家から話を聞く、現地に足を運ぶなど多くの情報を取り入れようにし、素材を用いて世界とのつながりをむき出しにすることによって、明確な答えを作品で出すのではなく、鑑賞者から意見や反応を引き出すことを求めて制作しているそうです。
 これは今回の「不安読書週間」でも同様のことで、不安が良いもの、悪いものというように単純な結論を出すのではなく、不安が社会への関心を開くきっかけとなるのではないか、とおっしゃっていました。

 最後の質疑応答ではWiCANサイクルの「感じる」に対する質問や、健さんのブローカーとしての経験が今の作品制作にどう生かされているのかなどの質問が挙がりました。


 生きていく上で、不安は一生ついてきて消えないものです。それをどう扱うのか、ポジティブなものへと変えていく行動を取れるのかが、私たちに問われている。そんなことをお二人のお話を伺いながら考えました。
 非常に楽しく学びのあるトークイベントになりました。健さん、ジュリアさん、ありがとうございました!




2020年1月4日土曜日

開催予告「不安読書週間」のお知らせ

みなさん、あけましておめでとうございます。

WiCAN2019のイベントについて、お知らせいたします!

今年度は、アーティストの米谷 健+ジュリアさんとともに「不安」をテーマにしたプロジェクトに取り組んでいます。

「不安」をテーマとすることになったのは、

今年度の活動をはじめるにあたり、学生間で関心のあることをあげていったところ、みな何らかの「不安」を抱いていることが見えてきました。例えば、日本や世界の将来、自分の就活、人間関係、環境変動や経済など……。これらの「不安」のうち、簡単に解決できるものは多くありません。他の人の「不安」を知ることで「解決する」以外の向き合い方があるのではないかと考え始めました。

そこで、WiCANの学生メンバー以外の幅広い世代から「不安」を集め、それを一冊の本にまとめることにしました。今回開催する「不安読書習慣」という展示では、『不安300』と題したこの本を読む空間を生涯学習センターエントランスに設けます。他の人の「不安」を知ることで、その先の自分の不安との向き合い方に少しでも変化が生じるのではないかと期待しています。

実際、集めた「不安」を読んでみると「結局、「不安」とは無くならないもので、不安は誰もが持ち続けるものなのではないか」、「むしろ「不安」というものは、あらゆることの動機になるものなのではないか」などと考えるようになっていきました。

また、会期中の1/25(日)にはトーク・イベント「不安からはじめる」を行います。
第一部では、今回のプロジェクトに共に取り組んでいただいたアーティストの米谷健+ジュリアさんの制作活動についてお話を伺い、「不安は制作の動機」というお二人から学ぶ機会にできたらと考えます。
第二部は、みなさんにお寄せいただいた「不安」をもとに、参加者のみなさんと不安について語り合います。
表現者のお二人が、「不安」という動機からどのように表現活動を展開してきたのかをお聞かせいただく貴重な機会となります。

展示、トークイベント共に、ぜひご参加ください。

最後に「不安」を提供してくださった方々、そして、今年度のプロジェクトにご協力してくださった方々に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。


information

◾️展示「不安読書週間」
会期:2020/1/19(日)〜1/31(金)9:00〜21:00
※1/27(月)は休館日、最終日は19:30まで

◾️トークイベント「不安からはじめる」
日時:1/25(土)19:00〜20:30
※ 申し込み: mail@wican.org まで、件名は「不安読書週間イベント参加」氏名と人数をお伝えください。 または、FacebookのWiCANページよりお申し込みください。( https://bit.ly/2MqxZRe)。当日のご参加も可能です。

会場:千葉市生涯学習センター
1階 アトリウムガーデン(展示)、研修室3(トーク・イベント)

問い合わせ先:千葉アートネットワーク・プロジェクト(WiCAN)
〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33
千葉大学教育学部芸術学研究室内
E-mail : mail@wican.org

URL : http://www.wican.org/
Facebook : https://bit.ly/2MqxZRe

2019年12月24日火曜日

写真展「こぼれて、はみでて」のお知らせ

みなさん、年末いかがお過ごしでしょうか。

今回は私たちWiCANメンバーの一部が参加しております「アーティストと展示をつくる」という授業で行われる写真展のお知らせをします!


 私たちは本当に目の前にあるものを見ているのだろうか。見ることはあまりにも当たり前のことすぎて、分かったつもりになって実は深く見ていないのではないだろうか。

 本展示は、千葉大学の授業「アーティストと展示をつくる」(担当教員:神野真吾)の受講生、千葉市民ギャラリー・いなげを通じて参加した一般の方たちが、写真家の白井綾さんと共に取り組んできた成果を展示するものです。受講生たちは自分たちの当たり前からはみ出て、撮影することに苦労しながら挑戦してきました。以前の眼差しからはこぼれてしまっていたものを、すくい取・撮ることができたのか、会場でご覧いただけたらと思います。
infomation
会期:2019年12月25日(水)〜2020年1月12日(日)
   9:00〜17:15
   ※最終日は16:00まで
   ※12月29日(日)〜1月3日(金)、6日(月)休み
場所:千葉市民ギャラリー・いなげ
主催:千葉大学、千葉市民ギャラリー・いなげ
問い合わせ:〒263-0034千葉市稲毛区稲毛1-8-35
TEL:043-248-8723 FAX:043-242-0729
   https://galleryinage.wordpress.com
入場無料
アクセス:京成稲毛駅より徒歩7分
     JR稲毛駅より徒歩15分
     国道14号線下り車線沿い稲毛浅間神社側交差点より300m

2019年8月13日火曜日

「美術館で縁日気分!!」についてのお知らせ

皆さんこんにちは。「千葉の親子三代祭り」に合わせて千葉市美術館で開催される「美術館で縁日気分!!」に今年も参加します!

【開催日】8/18 (日)
【開催時間】13:00~16:00
【会場】千葉市美術館 1階さや堂ホール

今年はななめな学校さんと美術家NARAMIXさんとコラボをし、ワークショップ「ちば鳥面ペディア」を開催します。

"ペーパークラフトの鳥のお面に鳥の生態を表す言葉をもとに絵付けをして、自分だけの鳥人間になろう。"

というコンセプトのもとワークショップを行います。普段鏡で見る自分の素顔の内側に隠れた新たな自分を見つけ出す楽しさと難しさを鳥面を通して皆様と体験出来たらと思います!

また、カフェ屋台ではコーヒーを始めとして様々なカフェメニューも取り揃えております。
【メニュー】
・千葉駅北口に店舗を構える「豆NAKANO」さんの焙煎した豆を使用したアイスコーヒー
・市民ギャラリー稲毛さんで採れた梅から作った特製シロップのかき氷
・稲毛園さんから取り寄せた抹茶シロップのかき氷           ……などなど

今年はかき氷のシロップの種類も様々な味をご用意しております。暑い日ではありますが皆様のお越しをお待ちしております!

2019年3月9日土曜日

「一緒につくって一緒に食べて~食を通した共生への試み~」展示場所の変更に関するお知らせ

先日の上映会&パーティにご来場くださった皆様ありがとうございました。
雨の中多くの方にご来場いただき、とても素敵な空間になったと思います。

明日3月9日から千葉市美術館にて「一緒につくって一緒に食べて~食を通した共生への試み~」展示上映が始まります。パーティにいらっしゃれなかった方はぜひご覧ください。

ご案内していた上映の場所に変更がありましたのでお知らせいたします。

展示会場は7階のロビーになります。 
7階の展示室では千葉市美術館のコレクション展が行われていますので、 併せてご覧ください。 深澤幸雄さんを偲ぶ展示も行われています。WiCANの展示は24日までです。

直前のお知らせとなってしまい大変申し訳ありません。

皆様のご来場をお待ちしております!


◇展示上映

日時:‪2019年3月9日~3月24日‬

開館時間:‪10:00‬~18:00/金‪土曜日20:00‬まで(最終日は‪18:00‬まで)

会場:千葉市美術館 7階 展示室前ロビー
 〒260-8733千葉市中央区中央3-10-8


2019年2月11日月曜日

参加者募集!  「一緒につくって一緒に食べて~食を通した共生への試み~」詳細決定しました

こんにちは!

先日ご報告したプロジェクトについて、展示上映と、上映会&パーティの詳細が決定しましたのでご報告します。

本プロジェクトの映像上映と展示を‪3月9日からの約2週間、千葉市美術館1階のプロジェクトルームにて実施します。
映像作品の上映やプロジェクトの詳細が分かる写真やパネルなどの展示を行います。

そして、展示上映に先駆けて、上映会&パーティを3月3日に開催します。
当日は取材の中で一緒に作って一緒に食べた料理をいくつかご用意し、取材を受けていただいた方々にもご参加いただき、完成した映像を鑑賞しながら、皆で交流できる場にできればと考えています。
上映会&パーティの会場は、アーティスト西舘朋央さんが運営するNEW FOLKS studio & gallery。
この場所で定期的に開催されている千葉で面白いことをしたいと考える人たちの交流の場"スナックマミコ"との共同開催となります。

本プロジェクトの映像をきっかけに、自分とは違う文化を持つ人々に興味や関わりを持っていただく機会にすることができたらと思っております。

◇展示上映

日時:‪2019年3月9日~3月24日‬

開館時間:‪10:00‬~18:00/金‪土曜日20:00‬まで(最終日は‪18:00‬まで)

会場:千葉市美術館 1階 プロジェクトルーム 260-8733千葉市中央区中央3-10-8

◇上映会&パーティ

日時:‪2019年3月3日 18時00分開場・開始
※上映は18:30‬からを予定しています。

会場: NEW FOLKS studio & gallery 260-0015千葉市中央区富士見2-9-28 山崎ビル9F

参加費:1,000円。飲み物代は別途。(実費程度)

申込み方法:‪2月25日‬までに参加者の氏名を添えて 「wican.sche@gmail.com」までご連絡ください。


たくさんのご来場お待ちしております!





2019年1月25日金曜日

開催予告 「一緒に作って一緒に食べて~食を通した共生への試み~」を開催します!





みなさんこんにちは。

久しぶりの更新になってしまいました。

さっそくですが、今年度のメインプロジェクトについてご紹介とイベントの予告です



2018年度のWiCANではフードデザイナーの中山晴奈さんをお招きし、「食を通した共生への試み」というテーマで活動を行なってきました。



現在の日本は、多様な出自、様々な思想信条や生活様式を持つ人々が共生する社会になりつつあります。

しかし、私たちは異なる文化的背景を持つ人たちとの共生についての十分な経験や知識、そして将来に向けたヴィジョンを持ち得ていないのが実情だと言えます。

何より、私たち自身もこれまでそのような人々と関わってきたことがほとんどありませんでした。

そこでまず、私たちWiCANのメンバーが彼らと実際に関わってみることから始めたいと考えたのがこのプロジェクトのはじまりです。



このプロジェクトでは私たちWiCANメンバーが自分とは異なる文化的背景を持つ人々と実際にお会いし、ともに食事をつくり、食べます。

 他者と初めて関わり、彼らについて知ることはとても難しいことです。

しかし共に料理をつくる、食を囲んで話すなど、「食」を通すことでその人の文化的な背景や個人的な記憶を知ることができました。



現在、その様子を少しでも皆さんと共有し、一緒に共生について考えることができたらと思い、その交流の様子を記録した映像をまとめているところです。



その映像の発表は3月初めに予定しています!

さらに、そこにプロジェクトを通して出会った人たちも招待して、パーティーのようなものができたらと思っています。

それとは別に写真、映像の記録の展示を千葉市美術館で開催する予定です。



日程など具体的に決まりましたらまたお知らせします。

皆さま楽しみにしていてください!