2011年10月10日月曜日

メガとがび訪問

2011年10月9日、WiCANメンバー10名で、メガとがび2011に行ってきました。



「メガとがび」は、長野県千曲市立戸倉上山田中学校で年に一度行われるアートの祭典です。
長野市立櫻ヶ丘中学校とともに行われている、ながのアートプロジェクトの一部でもあります。

立体作品やインスタレーション、パフォーマンスなどが、文字通り校舎全体で展示/上演されています。
貴族の格好をしたDJが放送するラジオ番組が階段の隅のラジカセから流れていたり、階段の下の隙間にはカフェがあったり、廊下ではパフォーマンスが行われたり、シャンソンショーが開催されている部屋があったり、歌詞をみながら歌うゆるいライブを行う部屋があったり、その横のベランダをダンサーが通り抜けていったり…。

子どもが美術やアートにふれあえる機会をたくさんつくって、 創造力を刺激していく。
そのために、中学生がやりたいことを企画・発表し、さらにお客さんに説明する場を設ける、アーティストがやってきて中学生と制作する、などなど。
美術教育の一つの形として、とても参考になりました。

写真などはこちらでご覧下さい↓
ながのアートプロジェクトのホームページへ

para

0 件のコメント:

コメントを投稿