千葉アートネットワーク・プロジェクト

2018年2月2日金曜日

開催予告 アートを祝う「わたし」を演じる 参加者募集!

「サンキューアートの日」参加企画
アートを祝う「わたし」を演じる ~最初に歌い出すのは誰だ~

WiCAN2017では、自分にとって新しいことやちょっと変わったことを面白がってみるようなワークショップを、9月・11月の2度実施してきました。
この度、さらに多くの方に、より気軽に、またよりアクティブに体験してもらうために、パーティーのような、ワークショップのような、演劇のような企画を開催したいと思います。

「アートを祝う『わたし』を演じる」では、参加者はアートを祝う(感謝する)パーティに参加し、そのパーティ内で課される課題や発生するハプニングなどに対応する「わたし」を意識的に演じることが求められます。
自分を演じるということは、実は日常から私たちがやっていることです。今回はその「わたし」をより強く意識させる仕組みを通してわたしが「わたし」を演じます。
ちょっとデフォルメした自分を他の人たちに知ってもらい、スピード感のある共同作業の中で「照れ」を乗り越えて自分を表現することから、新しい関係性が生じることを期待しています。
そこで生まれた関係性を、今後の千葉市美術館そしてWiCANが展開する活動にもつなげていけたらと考えています。
 
これまでのワークショップに参加されていない方も大歓迎です。
少しでも興味を持たれた方は、ぜひ参加をご検討ください!

 
「アートを祝う『わたし』を演じる ~最初に歌い出すのは誰だ~」

◇日時:2018年3月9日 18時30分~21時ごろ(開場:18時)

◇会場:千葉市中央区(千葉市美術館の近隣ビルを予定)

◇募集人数: 30名程度

◇参加条件: 高校生以上

◇参加費: 500円(予定)。飲食代を含みます。

◇申込み方法: 以下の申込フォームよりお願いします。
 
https://goo.gl/forms/dnCpHshUPMv1ffJl2

※時間や参加費等については、多少変更になる可能性がありますので、予めご了承ください。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿